スタッフ伝授!商品を売るためのコツ〜ブランディング道場〜

20140623

スタッフ伝授!商品を売るためのコツ〜ブランディング道場〜



こんにちは!カラメルスタッフです。
カラメルには、たくさんの商品が出品されています。

今回より、カラメルで効果的に商品を売るためのコツをご紹介していきます。
「ショップの売上を伸ばす秘策を伝授!ブランディング道場」

---------------------------------------------------------------------
:第一回目:
商品画像が購入の明暗を分けると言っても過言ではない!の巻
---------------------------------------------------------------------

カラメル上にはなんと17,602,984点もの商品が集まっています!
毎日、商品数は増え続けています。

さまざまなカテゴリーから商品が集まる中で、
自分の店舗の商品をなかなか見てもらえない。アクセスが増えない。。とお悩みのかたはいませんか?
「買ってもらいたいお客様」に売りこむにはどうしたらいいのでしょうか。

実店舗ではない分、商品を実際に手にとって見ることができないのがオンラインショッピング。
だからこそ、購入する人は商品写真のイメージ、説明、価格などをチェックするんですね。

そう・・・【商品画像が購入の明暗を分けると言っても過言ではない】のです!

大きく3つの項目に分けて、ご紹介していきます。

​-------------------------------------------------------------------------
【1】. メインの商品画像は、「ひと目見てわかる写真」を選ぶべし。
​-------------------------------------------------------------------------


ときどき、1枚目にアップロードしている画像よりも
2枚目の画像の方がわかりやすい商品を見かけることがあります。

ももも、もったいなーい・・・!!!
メインの写真(1枚目)は「わかりやすい」ものを選びましょう。

〜わかりやすい写真ってどんな感じ?〜

・商品画像に影が入っていない&暗くない
・メインで紹介する商品の全体像が写り込んでいる
・解像度が高く、細部まで確認できる


出来る限りデジカメなどの画質が高くなるカメラで撮影して、
暗くうつりこんでしまった場合はPhotoshopなどで編集しましょう。

(商品写真の撮り方はこちらの記事がオススメです。)

▼プロが伝授する 初心者向け撮影機材の選び方
▼商品撮影のイロハ

-------------------------------------------------------------------------
【2】. 商品画像のサイズは、「500px ×500px 以上」にするべし!
​-------------------------------------------------------------------------


カラメルは商品詳細ページをリニューアルして、
大きく画像を表示できるレイアウトとなりました!

そのため、500px × 500px 以下の画像サイズにしていると、
画像が荒く見えてしまうのです・・・。

商品画像のサイズは500px × 500px 以上にしましょう!
(※もしくはそれにできるだけ近い画像サイズを!)

※カラメルでは、正方形のサイズを推奨しています。
※サイズは大きければ大きいほど良いです!


今回は例をあげてご紹介していきます。

【良い例】
・商品画像が適切なサイズで表示されている。
・1枚だけではなく、商品のイメージが伝わるような画像を2〜3枚アップロードしている。
・メインの商品写真でどのような商材なのかがわかる。






商品写真のシズル感もよく出ていて、たいへん素晴らしい商品画像ですね。
思わず「カートに入れる」ボタンをクリックしてしまいそうになりました・・・。


【改善したい例】

(※カラメルスタッフが作ったダミーショップを例に挙げています。)

写真のサイズが小さいと荒く拡大されてしまい、
全体がぼやけてみえてしまうので
どんな商品なのか?が見えにくくなってしまいます。



また、商品画像が1枚だけの場合、
1枚から読み取れる情報で、実物をイメージしなくてはいけないので
「画像と実物が違うかもしれない」と思って遠ざかってしまうこともあります。

カラメルで掲載できる画像は最大4枚まで!
4枚きっちりアップロードして、多角的に伝えることで
わかりやすい商品ページに近づきますよ。

​-------------------------------------------------------------------------
【3】. オリジナリティあふれる商品画像で差をつけよう!

​-------------------------------------------------------------------------

たくさんの商品が存在しているからこそ、
オリジナリティあふれる商品画像が大事になってくると思います。

例えば、

・程よく周りが装飾されている
・商品画像の角度にこだわる
・全体的なトーンをあわせる

どの写真がいいのかわからなくなった場合は、
第三者に率直な意見を聴くこともオススメです!

例えばアイスコーヒーなどの商材を取り上げてみると・・・
真っ白な背景にポツンと商品が置かれた画像よりも、
自然光がさしていて、コースターが引いてあって
シズル感あふれるグラスにアイスコーヒーが注いであるほうが
「飲んでみたい」と思わせることができるはず。

商品を受け取ってから使うまでのシチュエーションを
商品画像の中で提案してあげられると、とてもGOODですね◎

購入の決め手となる、商品画像。
ぜひ、この機会に見なおしてみてはいかがでしょうか?

​-------------------------------------------------------------------------
第二回目を乞うご期待!
To Be Continued....
​-------------------------------------------------------------------------

感想や、こんなことを聞きたい!というご質問は
staff@calamel.jp までお寄せください。
(お応えできないご質問もあるかもしれません)
---------------------------------------------------------------------